そしてまた1つ迎える結末

ここ最近、研究の話ばかりしか書いてないのでそれ以外のことも書いてみようと思います。*1


昨日は4年間ずっと担当していた家庭教師の最終日でした。
振り返ってみればかなり長い期間やってたんだなって思いますね。
初めてその家に訪問したときはどういうノリでやったらいいか分からず、
かなり真面目に頑張ってました。でも、いっぱい学校の話もしたし
何に興味を持ってるのかとか一生懸命?教えてくれたりとか。
彼が小学校のときは、足を持って振り回されるのがなぜか好きだったので、
こっちは彼の脚をつかんでよく振り回してました。
今思えば、とっても体張ってましたね。

今でも覚えているのは、2回目に行った時は本当に勉強をするのが嫌だったみたいで、
ちょっと教科書を見せようとすると別の話をしたりして、ひたすら気を反らされてたこと。
あの時はちょっとムカッヽ(`Д´)ノ と来たけど、今ではけっこういい思い出です。
1回だけ本気でキレて、彼のほっぺたをギューとやったりしてたしw

彼が小学校のことは、ひたすら百マス計算とか読書する時間とか取ったりして、
けっこうまったりやってました。さすがに読書の時間とかとってると、あまりに
勉強をする時間がなかったので、1年くらいで普通に勉強するように変更したんですけど。

実は彼には当初、もう一人家庭教師の人がついていたらしく、めっちゃ勉強を教えられてた
らしい。でも、雑談をめちゃするこっちのほうが結果的には継続してくれることになったのは、
良かったのか悪かったのか。本気で勉強をするなら、きっと向こうの人の方がひたむきに
頑張ってくれてたんだろうけどね。
ともかく、ずっと担当することになり、先生だか友達なんだかよく分からない関係になって
いました。

彼が中学に入ってからは、小学校のときと比べるとそれほど危機的な状況ではなくて
わりとスタンダードなポジションになってくれたのはちょっとうれしかったかも。
身長もめきめき伸びて、声変わりもして、反抗期に移行するあたりを目の当たりに
できるのは、いつも教えに行ってて楽しかったことですね。
小学生のときは自分の意思を伝えることに一生懸命で、話の展開の仕方も小学生独特の
特徴があったんですけど、やっぱり中学生になると、しっかりと道筋を立てて説明できるように
なってくるし、どうすれば相手を説得できるかのコツも分かってくるし。
中学生になると急成長するんだなって実感しました。

最近では、以前とはまた違った悩みとかも話してくれたりしました。
自分の中学生時代と比べても、こんなこと考えてたかな??て思うこともあったりして
驚かされることもしばしば。きっとこれからもかなりの成長をみせてくれることでしょう。

贅沢をいうなら、高校が決まるくらいは担当をしてみたかったけれど、今自分が
教えられることを考えてみると、やっぱり今くらいでも良かったのかな、という気はします。
もし彼が大学生くらいになって、中学生の時期を振り返ったときに、「あの時も良かったな」と
思ってもらえるなら幸いですね。

場所はまだ近いので会おうと思えば会うことはできるのですが、これまでのように
定期的は会えないのは残念です。とはいえ、もともとは家庭教師と生徒という関係。
これまで何人かの生徒を担当してきて、確かにこういった場面を体験するわけですが、
あまり引っ張ってもしょうがないんですけどね。


そして今日以降、きっと僕が家庭教師を務めることはもうないでしょう。
他の大学生と自分とを比較すると、塾の講師をしている人ならきっと担当した生徒の数は
僕よりとても多いはずです。そんな人たちと比べれば、家庭教師でどれだけ頑張っていようとも
教えられる生徒は限られるし、経験だってもちろん負けてしまうし。
本当に勉強をさせるなら、きっと塾の先生の方が効率よく分かりやすく教えることが
できるでしょう。
そんな負い目もありながらも、それでもいつも自分ができる範囲で頑張ってきたつもりです。

僕が担当した生徒達はみんな個性的で、どこか秀でている面を持っていました。
昨日最後を迎えた彼もまたその1人。
確かに悪ふざけはするし、生活習慣だってちょっと乱れ気味。
でも、スポーツが得意で集中力もあって、優しくて人の気持ちを察することができて。
ユーモアもあるし好奇心旺盛で、幅広く友達もいる、そんな子でした。
そんな彼を4年間も担当できたことは自分にとって本当に良かったと思っています。


大学院生になって涙もろくなったって自覚はしているんですが、
思い出したらやっぱり泣けてきました。
ふとしたきっかけで始めた家庭教師。それもまた今日で1つの終わりを迎えます。
社会人になって10年後振り返ってみても、きっと「あの時も良かったな」と言えるはずです。


ありがとうございました。
そして、おつかれさまでした。
  • *1:といいつつ、今は研究の作業待ち状態なんですけどね。

Track Back

Track Back URL

コメントする

公開されません

(いくつかのHTMLタグ(a, strong, ul, ol, liなど)が使えます)


画像の中に見える文字を入力してください。

このページの上部へ

About

tetsuの日記・雑記です。
iPhoneなどのスマートフォン向けサイトもあります。スマートフォンでこのページを開くか、URLの最後に i を付けていただけばOKです

広告

サイト内検索

最近のピクチャ

  • リアディレーラ

月別アーカイブ

最近のコメント

Powered by Movable Type 7.5.0