タグ「FX」の一覧

FX戦士くるみちゃん

FX戦士くるみちゃんが、某YouTubeの動画で紹介されていたので、興味本位で読んでみました。

くるみちゃんは、母親がFXで溶かした3000万円を取り返すべく、自身もFXの勉強をして投資を始めます。
相場の乱高下で精神的なダメージを受けつつ増えていく損失に耐えるシーンが、実際にFXで痛い目に遭った人の共感を得ているのかなと思いました。なかなか損切りするタイミングを見極めるのは難しいですよね・・。

まだ自分は1巻だけしか読んでいないですが、続きも徐々に読んでいこうと思います。

2010年2月の成績

2月は日数が少ないうえに祝日もあるため、取引できる期間が短いです。
日本の株価に注目してみると、10000円から10500円のレンジで行ったり来たりと、あまり大きな動きもなく一進一退というところでしょうか・・・。
一方で為替に注目してみると、ギリシャ問題の再燃、アメリカ経済の予想以上の弱気な傾向から、ドル、ユーロ共に弱くなり、2月末時点でドルは88円後半、ユーロに至っては121円と円高方向への流れが強く、3月も不透明な展開が続きそうです。

さて、私自身の2月での取引傾向は以下の通りです。
リーマンショック以来の円高の流れで大きな含み損となっていたブロソブを全解約し、ZARにレバレッジ1.2で預け直しました。
また、1月は様子見程度で取引していたオプション取引を積極的に利用して、プット売りをメインに利益を積み上げていました。

プット売りといっても、それほど手持ちの資金もないので、ATMからかなり離れた場所を売っている程度ですね。必要証拠金が倍になったとしても強制決済とならないようなポジション取りを心がけました。

その結果としては以下の通り。
わりと好結果を残せたような気がしています。

2010年2月の成績来月以降も、基本的にはオプションで稼いだお金をFXで1倍強で預ける、もしくは個別株に割り当てる方針になるかと思います。いい投資先を発掘するために、情報収集先を広げないとなーと思う今日この頃。

スプレッドが広くなってる!

昨日帰ってきてから、FXの画面を見ながらデイトレをして、軽く飲める程度の飲み代を稼いでました。最近は値動きが激しすぎて危ないんですけど、画面に張り付いているうちはさっさと注文&損切りもできるんでそれほど危なくはないかな?と。ただ、労力に見合っただけ儲かるかといえば別ですが。

さて、FXの画面を見てて気づいたんですけど、ドルのスプレッドが9銭になってました!*1スプレッドというのは、買値と売値の差額のことを言うんですけど、1ドル当たりのスプレッドが9銭ということは、1000ドルの注文を出すと90円は何もしなくてもマイナスになるわけです。ちょっと前までは3銭とか4銭だったのにな?。

でも、今確認したら4銭だったので、その場だけだったかもしれませんが...。

追証発生!

ついにやってしまいました…。FXやら信用取引でかなり恐れられている追証をする羽目になってしまいました。とりあえず別の口座にあったお金をポイッと振り替えて終了。でも、まだかなり含み損を抱えてる建玉があって、ここまま円高が続くとまた追証(ノД`) こんなつもりじゃなかったのにな?。

さて、FXをやったことないひとに簡単に説明しておきます。追証(おいしょう)とは、追加保証金の略のことで、購入している外貨がある一定額以上の含み損を抱えたときに証券会社に預けなければいけない保証金のことです。通常FXを行うときは、ある程度の保証金を預けて、その何倍かの外貨を買い(売ることもあります)、ある時点で売却(もしくは購入)することによって利益を上げます。しかし、予想に反して市場価格が変動した場合はかなりの損失となってしまいます。

そんなわけで、これからはちゃんと逆指値で損失を最低限に食い止めようと思いました。前もこんなこと言った気がするな?。

FXやってみた

  • 更新日:
  • お金
  • FX, 為替
たまたま弟に連絡をとったら、FXでかなり痛い目にあったとかいう話を聞きました。
でも、とにかくリスクとリターンのバランスを考えればなんとかなりそう?な雰囲気だったので
挑戦してみることにしました。

FXと株取引と違うのは、レバレッジスワップポイントの存在といえるでしょう。
FXでは、ある一定の証拠金を証券会社に預けることによって、その何倍もの金額の
取引を行うことができます。その倍率がレバレッジです。
レバレッジが大きければ大きいほど大きな取引ができるので、必然的にリスクが高くなります。
つまり儲けられるときは儲けられるし、損をするときはとんでもない金額の借金ができて
しまいます。
そんなわけで、自分の所持金と勘案して、ある程度のレバレッジで取引することになります。

そして、スワップポイントは外貨との金利差により発生する利息のことです。
金利の低い貨幣を利用して、金利の高い貨幣を買い注文を出した場合、その貨幣を
持っていればいるほど利息がついていきます。日本の金利だと1%に満たない程度
ですが、諸外国ではそれよりは高いので、徐々にスワップポイントがたまっていくことに
なります。
しかも、通常の外貨預金などと比較してもレバレッジが利いている分、受け取れる金額も
大きくなります。長期でじっくり貯めたい場合にはよさそうな感じです。
ただし、逆もしかりで金利の高い貨幣を売り建ててしまうと、決済取引で利息を払わないと
いけません。

そんなわけで、通常の株取引と比べると気を使わないといけないな、という印象はうけました。
当分は安全運転でちょこちょこと頑張ってみたいと思います。

このページの上部へ

About

tetsuの日記・雑記です。
日々経験したことを記録していきます。

広告

サイト内検索

最近のピクチャ

  • snow.jpg
  • リアディレーラ

月別アーカイブ

最近のコメント