タグ「旅行」の一覧

2016年

明けましておめでとうございます。
twitterにかまけてブログも放置しっぱなしですが、とりあえず元気に頑張っております。

2015年で変わったことと言えば、

  • 3月に若干東側に引っ越す。通勤時間が10分延びる。
  • 6月に何を思ったか、ガーデニングにはまり始める。ルッコラ、トマトを作る。
  • 5月?8月は仕事が暇すぎて、新しい言語を覚える。awkとpython、javascript。
  • 仕事が暇だったので料理も徐々に。魚が捌けるようになった。
  • 旅行は、富山の宇奈月温泉、札幌・小樽、仙台あたり?
  • 12月に電子ピアノを弾ける環境を作る。まだ弾けてない。

というところでしょうか。
ガーデニングの勉強をしたことで、旬の野菜や育て方の難易度はなんとなく分かるようになりました。思い立った時に一気に覚えるのが自分は得意なようなので、いろいろなものに都度はまっていけば、これからも知識の幅も増えそうです。

今年はお酒がたくさん飲めるようになった(単に耐性がついた?)ので、おいしいお酒を探す旅にも出てみたいです。

2016年はなんとなく転機になりそうな年なので、仕事を充実させ、かつプライベートでも面白いことを試行していきたいです。本年もよろしくお願いします。

台湾旅行

  • 更新日:
  • 日記
  • 台湾, 旅行
2週間ほど前になってしまいますが、3/8に台湾旅行に行ってきました。ほぼ1年ぶりの海外旅行です。 DSC_0040.JPG 旅程としては、1日目は夕方着でご飯を満喫。2日目は古宮博物院と台北101、最終日は移動、 買い物です。 小籠包 古宮博物院

東北+函館旅行

  • 更新日:
  • 日記
  • 旅行
4月の28日から5月3日までの5泊6日で、東北+函館の思いつき適当旅行に行ってきました。
GW中に宿の予約なく、移動しながら頑張ったのですが、案外なんとかなるものですね。
そういえば大学時代に九州行った時もGWだったような・・・?ともかくなんとかなりました。
旅行の内容を所感でもいくつか残そうかと思います。

4/28:東京→福島(会津若松)
4/29:福島→宮城(仙台)
4/30:宮城→岩手(平泉、盛岡)
5/1:岩手→青森
5/2:青森→北海道(函館)
5/3:北海道→東京

実は秋田や山形も行きたかったものの、大雨で新幹線が遅れたのと移動時間が予想以上に長かったので断念しました・・・。

所感1:やっぱり・・・観光に余裕がなかった。

1日1都市は短かったです。
特に午前中は移動で午後から観光というパターンだったので、街の雰囲気を知るにもちょっと足りず、主要な観光地を巡るのもやや物足りないところがありました^^; 宮城は以前行ったことがあったので飛ばすという思い切った方法もなくはなかったのですが、さすがにそこまではできませんでした。計画性は重要ですね。
(もちろん、仙台+松島は2回目だったこともあり、勝手も分かっていて余裕をもって楽しめました。魚介類うまし!)

所感2:北に行けば行くほど宿が安い

空いているところを手当たり次第探したのですが、青森や函館の旅館は全般的に安い!特に青森は海辺で景色も良くて立地が良いにも関わらず簡単に泊まれるのは良いですね。もうちょっとお金を払って更によいところに止まってもよさそうです。

所感3:お酒をもっと堪能したかった、かも

自分はあまりお酒が強くなく、1?2杯飲んだだけで顔が赤くなるんですが、東北あたりの日本酒ももっと飲めればなあ、と思わずにはいられなかったですね。これも旅程に余裕があれば挑戦したかったところ。

所感4:夜景は素晴らしい

青森では海辺の風景を、函館では函館山からの風景を観に行ったのですが、これはなかなか雰囲気良かったです!観光客も山ほどいて笑えますが(笑) 函館山はGW中でも少し肌寒いくらいですが、ぜひもう一度見てみたい!です。


いろいろとやり残したことが多かったですが、今度行くとすればもう少し短い期間で1都市を攻略する形でもよいかな?と思いました。今回はその足がかりということで。

中欧4ヶ国旅行(ブラチスラヴァ編)

ブラチスラヴァと言われるとあまり馴染みがないと思いますが、ブラチスラヴァはスロヴァキアの首都です *1

旅行では、ハンガリーのブダペストからバスでブラチスラヴァに移動しました。
ガイドさんの説明によると、共産主義時代の灰色の建物を徐々にカラフルにしている最中ということで、ところどころに共産主義時代の建物を見ることができました。とはいえ、それほど違和感ないなーというのが自分の感想です。

ブダペストのイビスホテルから朝焼けを撮ってみました。

ブラチスラヴァに到着するまでの3時間は、ひたすらバスでの移動です。時差ぼけの影響もあり、移動中はひたすら寝ていました。外には、風力発電っぽい風車が比較的多く見られました。

ブラチスラヴァに到着後、ブラチスラヴァ城に行きました。ちょうど改修中ということで、至るところで工事のための柵が見られました。

ブラチスラヴァ城からは、すぐ近くを流れるドナウ川を一望できます。

お城を抜けてからは、旧市庁舎などを眺めます。街並みを眺めるだけでもそれなりに楽しめます。








日本から3月1日に出発し、その日の夕方にオーストリアに到着します。
飛行機に乗るにあたって気を引くのはやっぱり、オーストリア航空の赤!
客室乗務員の制服も、飛行機の模様も赤いです。

オーストリア航空の飛行機そして、ウィーンのトレンド・アパートメントホテルというホテルに泊まります。
 オーストリアなら英語は通じるかな?と思っていたんですが、予想以上に通じない^^;
おじさん、おばさんくらいの年齢だと、普通はドイツ語しか話せないみたいですねー。
 いや、自分も日本語+3歳児程度の英語くらいしか話せないんで、似たようなものですが。

ホテルから出発する直前に、近くの丘からホテル付近の風景をパチリ。 寒い中、朝日がとても眩しく、日本にはなかなかない情景を目の当たりにしました。

そこからバスで3時間。ハンガリーのブダペストに到着しました。
ブダペストではフォリントという通貨が使われています。(1フォリント=0.5円)
物価は日本よりちょっと安いかな?という程度。

お昼は、グヤーシュと呼ばれる現地料理を食べてきました。
じゃがいもなんかが入った辛口のスープといったところでしょうか。

お昼を食べた後は、バスで市街地をぐるぐるを回ります。
ブダペストは、「ブダ」と「ペスト」という都市が合併してできた都市で、
ヨーロッパの中でも結構大きな都市だったそうです。

建物もなかなか大規模で雰囲気のある建物が多く、
多くの観光客を魅了してきたんだな、と思いました。
下の写真は、国立美術館をバスから眺めた時に撮ったものです。

国会議事堂も素晴らしいです。(下の写真)

ペスト側(ドナウ川を挟んで東側)からバスは入っていき、マーチャーシュ教会に向かいます。
マーチャーシュ教会には、国会議事堂に展示されている王冠のレプリカも展示されています。
  ドナウ川にかかるくさり橋には、ライオン像も見ることができます。

細長い尖塔は、漁夫の砦と呼ばれています。
ペスト側を眺めるには格好のポイントと言われていて、広大な台地を一望することができます。

都市のポストは、赤い箱にホルンのマークが目印です。

英雄広場には、歴代の英雄たちの像が立ち並んでいます。
一番左と、中央右から2番目は要チェックです。

そして、ブダペストでの一番の楽しみは、ドナウ川沿いのクルーズです。
3月ということもありとても寒いですが、ライトアップされた数々の橋や歴史的建造物は見ものです。

中欧4ヶ国旅行

今月初めに中欧4カ国へ旅行に行ってきました。
旅行も終えてひと段落着いたので、どんな旅行だったかをまとめてみます。

まず、訪問地について紹介します。
今回の旅行では、ハンガリーのブダペスト、スロヴァキアのブラチスラヴァ、チェコのプラハ+チェスキークルムロフ、そしてオーストリアのウィーンの4カ国5都市を訪問しました。
往路、復路は赤がトレードマークのオーストリア航空を利用。6泊8日(+1泊は機内泊)という期間で5都市はなかなかタイトなスケジュールではあったものの、広い地域を短期間で楽しめたように思います。

訪問した中欧4カ国以降では、訪問順に各都市を紹介していきます。

2月ももう終わり

  • 更新日:
  • 日記
  • 旅行
さて、気づけばもう2月も終わりです。
1月から3月はあっという間に過ぎるということから「いぬる、にげる、さる」とよく言われますが、まさに今の心境をそのまま物語っている言葉にふさわしいです。そして、来週は1週間海外に逃亡してきます!

ちょっと前まで時間があったのですが、最近ふたたび仕事が忙しくなってきそうな予感がします。
そうなるまえに旅行にでも行って、いろんな知見を深めておくのはとても重要です。
雑談しかり、たとえ話しかり。やっぱり実物を見ないと分からないこともたくさんあります。

明日はアンサンブル大会+先輩の壮行会です。
予定は盛りだくさんですが、頑張っていきましょう!(と自分に言い聞かせる。)

旅行準備

  • 更新日:
  • 日記
  • 旅行
気づけば旅行1週間前なので、本格的に準備を始めないとなと思いました。
1週間前から始めるのはかなり期間が短いのですが、ぶっちゃけキャリバッグとパスポートがあるので、なんとでもなりそう?な気がしています。(素人考えですが。)
とりあえずwebで検索して、持ち物リストを探してみました。

http://www.tabig.com/ (旅具)

いろいろ載ってて取捨選択が必要そうなので、お昼でも食べながら少し考えてみます。

3カ国周遊旅行の予定

若干ながら旅費も貯まったので、3月初旬にヨーロッパに行ってきます!
残念ながら2年前とは違い1人旅行になってしまいそうですが、社会人になってしまったらそういうもんだと割り切ることにします。JTBのホームページで申し込むときに何故か「お一人様」って入れる項目があって切なくなりました(;゜ロ゜)

行く都市は、ブダペスト(ハンガリー)、プラハ(チェコ)、ウィーン(オーストリア)の定番3都市です。
ガイドさんありにするか若干迷ったものの、1回目は定番を回るという自分の中での方針に従って、やっぱりありの方向にしてみました。なしの方が予定の自由度は広がるし、気楽ではあるものの、(仕事が忙しくて)予定が組めなかったときのリスクと、先立つものの関係を天秤にかけるとこっちの方が無難かな?と。

3月なんでとても先の話なんですが、とりあえず予告、ということで。

GW旅行 - 浅草?東京タワー編

GW旅行の最終日は、はとバスに乗って浅草、隅田川くだり、そして東京タワー観光に
行ってきました。
はとバスというのは、東京の名所をガイドさんが案内してくれる観光バスのことです。
今回の旅行で初めて乗ったんですが、あの黄色いバスははとバスだったんですね?。

[web] はとバス公式サイト

雷門そんなわけで、まず向かったのは浅草です。
浅草と言えば、この雷門が有名ですよね。この雷門、実は風雷神門が省略されて
そう呼ばれるようになったのだそうです。風神の名前はどこへやら…。

[wiki] 雷門 - Wikipedia

浅草での賑わいさすがGWというだけあって、浅草はものすごい人で賑わっていました。
仲見世をだらだら歩いて20分。通常の倍はかかっている気がします。

そして、昔ながらのラムネを飲んだり、昼ごはんのてんぷら食べたりしてました。
この頃になると、普通の食べ物が恋しくなってきます。

お昼を過ぎてからは隅田川くだり。
…なんですが、旅行疲れでかなり寝てました(´Д⊂

東京タワー 1階から
そして、東京を代表する観光名所、東京タワーにやってきました。
東京タワーに上ったのはいつぶりだったかな…。かなり昔だったような気がします。
てか、上ったことあったかな?

[web] 東京タワー公式サイト
[wiki] 東京タワー - Wikipedia

東京タワー 展望台から1
そして、展望台から下を眺めます。
これは怖すぎ((((;゜Д゜))) 高すぎて現実感なくなってきます。

東京タワー 展望台から2
東京タワーからはレインボーブリッジも眺められます。
もう少し晴れてくれればもっといいんですけどね。

さて、こんな感じでGW旅行は終了です。
実家からの帰省も含めた今回の旅行は、ひたすら疲れたの一言に尽きます。
今度はもう少し遠くに行ってみたいものです。

GW旅行 - お台場編

GW旅行も2日目です。今日は東京のお台場に行ってきました。
お台場と言えば、フジテレビのでかい建物が建っていたり、レインボーブリッジが
架かっていたりします。今回は、ゆりかもめに乗ってお台場を観ることになりました。

海の科学館お台場にある、船の科学館です。残念ながらここに向かった時刻が遅くて中には入れなかったんですが、その代わりに南極探検船の内部を見学することになりました。

宗谷乗船見学入り口
探検船「宗谷」は、日本で始めて南極に到達した探検船です。小さめのフェリーのような構造になっていました。印象に残ったのは、アイスクリーム製造器があったことw 日本から南極に行くには赤道を通過しないといけないため、暑さを紛らわせるために設置されたようでした。

自由の女神
また、お台場には自由の女神があります。本場はどれくらい大きいのか分かりませんが、こちらも案外大きく見えました。

光のツリー
ホテルの前にはこんなツリーが飾られていました。クリスマスとはかけ離れていますが、それでもかなりきれいでした。

GW旅行 - 横浜編

  • 更新日:
  • 日記
  • 横浜, 旅行
今年のGWは横浜+東京旅行に行ってきました。
正直に言えば、今働いているところが関東圏なだけに旅行なのかな?とも
思ったりしたのですが、なかなかない体験だったということでヽ(´ー`)ノ

中華街の門中華街の入り口には、こんな感じの門がいくつか待ち受けています。

肉まん
途中で食べた肉まんは、かなりこってり。肉の味が詰め込まれていました。

山下公園の花
中華街を少し逸れると山下公園という公園に出ます。ちょうど、庭園の作品がいろいろと飾られていて綺麗でした。晴れていればもっと清々しい気分で眺められたと思うと、少し残念ではありました。
また、山下公園では大道芸人がいろいろと芸をやっていたりして楽しめました。

船の支柱を掴む日本郵船氷川丸の支柱を持ってみました。さすが、写真がなせる業。

翌日は東京のお台場をめぐります。

帰国

イタリアから帰国してきましたΨ(`∀´)Ψ
途中、20ユーロを落とす(掏られる?)とか、帰国時に同行者の荷物が届かないというハプニングもありつつ、なんとか無事に生還です。さすがに3日から13日の旅は長かったです。

そんなわけで、帰国早々から研究生活に戻ります。
他にも日本のほうではいろいろと起こっていてちょっとテンパリ中…。
1ドルが100円以下になったりとか、日銀の総裁が決まらなさそうだとか。
なにより研究とプライベートの方の問題は喫緊の課題と言えそうです。
とはいえ、慌ててもしょうがないので粛々と頑張るだけなんですけどね。

これからまた、イタリアでの旅行記もメモしていきます。
乞うご期待。

イタリア旅行・ローマ編

バチカン市国にあるサン・ピエトロ大聖堂。
サン・ピエトロ大聖堂もっと近くから見ると...。
サン・ピエトロ大聖堂を見上げる聖堂の内部はこんな感じ。
サンピエトロ大聖堂の内部ローマにある凱旋門。こっちの方が昔にできたらしい。
ローマの凱旋門
ローマの街並み。
ローマの街並みそして、トレヴィの泉。
トレヴィの泉フォロ・ロマーノ。
フォロ・ロマーノローマのオペラ座。
オペラ座アッピア街道。
アッピア街道の入口カラカラ浴場。
カラカラ浴場コロッセオ内部。
コロッセオサンタンジェロ城。
サンタンジェロ城

イタリア旅行 - 概要

3日から13日までイタリアの旅行に行ってきました。
イタリアといえば、ファッションと遺跡、つまり時代の今と昔を同時に体験できる国です。イタリアの首都ローマには、世界で一番小さな国バチカン市国があったりします。このバチカン市国には、サン・ピエトロ大聖堂という非常に豪華な聖堂があることで有名です。また、もう少し北上すれば、ピサの斜塔、ヴェネツィアのゴンドラなども拝めます。

そんなイタリアはこんな形をしています。

italia.jpgこの中でも、今回の旅行では、ローマ→フィレンツェ→ヴェネツィア→ミラノの4都市をめぐります。ツアーを組んだのですが、それぞれの都市で1日程度の自由行動ができるゆったりプランです。

checked_italia.jpgイタリアは、日本時間より8時間遅れているので、日本では夜中でもイタリアではまだ午前中ということがよくあります。また、ここ最近のユーロ高のあおりを受けて、実は日本よりも物価が高いです。いくらブランド物が現地で安く手に入ると言っても、それほど変わらないこともあります。(もちろん、安く手に入る場合もあります。)

ちなみに今回の旅行では、「食べ物」「遺産」「珍しいもの」を探しに行ってきました。でも、最後に挙げた珍しいものってのは、どこもかしこも珍しいものばかりで逆に普通のものを探すのに苦労しました(´Д⊂

旅程は、(3日)日本→イタリア(4・5日)ローマ観光(6・7日)フィレンツェ観光(8・9日)ヴェネツィア観光(10・11日)ミラノ観光(12・13日)イタリア→日本になっています。

イタリアに行ってきます

今日の早朝、イタリアに向かって出発します!ですが、実は昨日まで論文を書いていたため全然調べられてません(ノД`) どうせ飛行機の中では寝てるだけになりそうなんで、今のうちにいろいろと調べておきたいと思います。

イタリアといえば、ブーツのような国土を持っていることで有名ですが、北と南で雰囲気が全く違うことでも有名です。北の方では、ファッションの発信源ともなっているミラノを筆頭として、文化の中心的な役割を果たしています。逆に南の方は、比較的軽工業がさかんです。最近話題になっていたのは、ミラノではごみ問題が発生しているということですが…。

また、イタリアはフランスと肩を並べるほどのワイン生産国で、特色あるワインを作っているらしいです。(僕自身はあまり区別がつかないんですが。)旅行に行って、まず試してみたいのがこのワインと料理。かなり期待しています。

まだまだいろいろな面を持つ国ではあるのですが、続きは向こうで書いていきたいと思います。インターネットが使えることを期待して…。

1年の総括

今年ももう残すところ今日と明日になりました。
最近は研究やらオケやらなんやら、かなり充実した日々を過ごしてます。
でも1年を通してみれば凹んだ時期もあったりして、いつも楽しく過ごしていたという
わけではないんですけどね。まあ、そんなこともありました、という感じ。
1年を振り返る意味でもここで総括を書いておきたいと思います。


- 就活
今年の1月から4月まではだいたい就活に注力してました。
学内セミナーに行ったり、京セラドームでやってた説明会に行ったり。
でも、個別説明会に行ったのは5社、そして面接に行ったのは3社だけ…。
文系の人と比べると申し訳ないくらい頑張ってない気がしてきました。
でも、面接ブルー(?)になった時もあったんですけどね。

- 映画
今年の前半はかなり映画を観に行ってました。
そして同じくらいDVDを観たりしていましたね。
これまではあまりDVDを借りるという習慣がなかったんですけど、見始めると
けっこう面白くて、いろんな作品の内容や俳優さんを覚えたりしてました。
個人的にはこのへんが今年頑張ったとこかな?と思ってます。

- 内定ブルー?
本当は内定ブルーというわけではないんですが、6月はこれまでになく
凹んでいました。この時期は本当に苦しくて、自分自身を見失っていた時期でも
ありました。でも、逆にこの時期がなかったら自分がどんな人間なのかを知らない
ままだったはず。今考えれば、それはかなり恐ろしいことです。
あの時期があったからこそ今の自分があると思えば、いい体験だったのかな?とも
思えます。

- 旅行
今年はかなり積極的に旅行に行きました。
GWには北海道、8月には九州とこれまでになくアクティブに移動したように思います。
でも、北海道旅行のときはマイコプラズマ肺炎のせいでフェリー内で死にかけ、九州では
灼熱の中の高速移動で体力をすごく消耗していました。とにかく疲れたことは強烈に
覚えています。
でも、この旅行の経験が会社の同期の人と話すときに役に立ったりしたのが予想外。
これからも、もっと別の場所に行ってみたいな?。

- 合宿
オケを卒団して2年経つにも関わらず、3回ある合宿に全部行ってたりしました。
しかも睡眠不足+極寒の環境で家に帰るときは、冗談じゃなく死にかけましたw
もう絶対蛇行運転はしたくないと思わせる出来事でしたね。
合宿自体では、わりと適当に練習をし、適当に後輩をいじって帰ってきたという感じ。

- 研究
去年の研究もけっこう大変だったのですが、今年はいろんな意味で大変でした。
とにかく自分で頑張らないと進まないってことを強く実感しました。
個人的には研究よりもホルンの練習のほうを頑張っていたかもしれませんΨ(`∀´)Ψ

- 飲み会
今年で特徴的だったのは、やっぱり飲み会がかなり多かったこと。
それはひとえにお酒が強くなったからこそできるようになった芸当と言えるでしょう。
大学に入ったときと比べると、悪酔いはしなくなったし、お酒の飲み方も分かるように
なったし。相変わらず顔には出るんですけど、そこそこ落ち着いてきたかなと思います。


昨日、おみくじをひいてきたんですが、その中身は「中吉」。
うれしいことも悲しいこともたくさんあった2007年でしたが、おみくじが示すように
100点とはいかないまでもかなり充実した1年だったのは間違いないです。
来年は「大吉」になるような、さらに充実した年になればいいですね!

研究室旅行@城崎温泉

最近、いろいろと飛び回っておりますが、昨日と今日は城崎温泉に行ってきました。城崎温泉は、2年前にホルンのメンバーと行ったことがあるので、けっこう懐かしかったですね。前回よりは外湯もたくさんめぐれたりして、充実した旅行だったと思います。

[blog] ホルン旅行から帰還 - LostMemories

旅行のスタートは、六甲道の近くにあるカラオケ店からでした。10時にはみんな集合のはずなんですが、ここで揃わないのがうちの研究室クオリティ。ぱらぱらと集まりつつ、城崎に向かいます。

経路は、摩耶IC→姫路JCT→和田山IC→城崎です。阪神高速から第二神明、播但道を通ります。このあたりは特に滞りもなく進んでいったんですが、和田山から途中の出石に着くまでが大変だった!カーナビの指示に愚直に従ったところ、ものすごい山道を通ることに...。対向車が来たときはかなりスリルがありましたよ!この時、乗っていたメンバー全員が、カーナビなんて信じないと心に誓っていたはずです。

出石に着くとちょうどお昼だったので、出石そばを食べることになりました。そんなにしつこくもなく、食べやすい麺だったような。でも、わりと普通っぽかった気もします。

城崎に着くと17時だったので、夕食までの1時間に2ヶ所温泉に浸かってきました。柳湯とまんだら湯はどちらともこじんまりとした温泉でした。

柳湯

途中、おみやげやさんの前で金色のキティーちゃんが鎮座していました。

金色のキティーちゃん

それから夕食になり、再び外湯巡りです。今度は、御所の湯と一の湯に行ってきました。ちょうどこの2つが2年前に行ってきた場所ですね。相変わらずきれいな内装で、雰囲気良かったです。

帰ってきてからは旅行疲れのため、すぐにふとんに倒れこみ意識喪失...。翌朝の7時に復活です。今度は、駅前にある温泉に浸かってきました。ここもなかなか良い感じです。もうちょっと1つ1つゆっくり過ごせたらいいんですが、全体行動ということでそのあたりは我慢です。

10時以降はフリーの時間だったのですが、いい加減疲れてたので直帰組に編入。車の中で爆睡していました。温泉に浸かって、ひたすら寝てた旅行とも言えるかもしれません。

香川ツアー

今日は香川にうどんを食いに行ってきました。これまで香川に旅行に行ったのは通算で3回目(小学校2年、大学4回生、大学院2回生)になります。でも、まだまだ行ってないうどん屋が多いです。今回は、映画「UDON」にも出てきたうどん屋さんを2カ所巡ってきました。

[blog] 明日は香川 - LostMemories


今日は本当ならフェリーで往復する予定だったんですが、フェリー乗り場で突然の欠航に翻弄されていました。頑張って朝の4時に起きたのに...。結局フットバスという高速バスに乗って香川に行くことになりました。(ちなみに、帰りも同じ理由でフットバスで帰ってきました。)

[web] FOOT BUS

僕は実家に帰る時は電車なので、その要領で電車で香川にも行ったらいいやん!って思ってたんですが、その方法だと時間もかかるしお金もかかるとのこと。一応、バスだと1時間に2本程度は出ているので、パッと予約して乗り場に行くのが賢いやり方のようです。混んでない時期なら、特に予約も必要ないようなので、それほど面倒というわけでもないと思います。


さてさて、フットバスで揺られること約2時間。9時くらいに香川に着きました。急にお腹が減ってきたので、かなり大量にうどんを注文。ついでにおにぎりと串カツも注文しました。

udon1.jpg
朝から食いすぎ。

この注文が、今回の旅行でかなり問題になることを、その時は知る由もありませんでした。ちなみに、この店に行く前にチャリで2人乗りしたらすごい音を立ててパンクしました...。僕ってそんなに最近太ってないですよ!なんでかな?。


それから友達の家におじゃまして、つかの間の休息。なんと言っても前日の睡眠時間は2時間、しかも床で寝てたんでそれほどゆっくり寝れるわけもなく。すぐにソファーの上で横になり爆睡。そして、30分後にまたうどんを食べに出発です。

今度は映画「UDON」でも出てきた山越のうどん屋さんです。民家を拡張してできたお店のようで、かなり多くのお客さんで賑わっていました。

udon2.jpg
1杯は少なめ。でも朝食いすぎで完食できず。


さすがにうどん1杯食えなかったのはショックだったので、金刀比羅宮に行くことになりました。1300段以上もある石段をひたすら登って運動です。その日は28度・快晴というかなりハードな環境の中、頑張ってみました。最後にはこんな感じの景色が歓迎してくれました。

konpira.jpg

他にもこんぴら狗という銅像がけっこう可愛らしかったですね?。

[blog] こんぴら狗(香川・金刀比羅宮)
[web] 金刀比羅宮


それから最後に、山の中のうどんやさんへ。「ひやひや」とか「ひやあつ」とかいうメニューがありました。これは麺とつゆの温度を表わしたもので、前者は両方とも冷たいやつ、後者は麺だけ冷たいやつのことを指します。ここは他と比べて柔らかい麺だったように思いました。

それからは、サンポート高松に行ったりしてまったり過ごしました。ここの展望台は高松市全体を一望できるので、それなりに眺めが良い場所です。あと、香川では珍しくラーメン屋とかもあるんですが、あまり好評というわけではないみたいです。

午後7時半のバスで香川を出発し、9時過ぎに神戸に戻ってきました。日帰りとはいえ、かなり有意義な1日を過ごせたと思います。

北海道旅行 その3

さて、北海道旅行も最後となる小樽観光をしてきました。昨日はどちらかというと観光地をぐるぐるとまわっていた感じなのですが、今日は小樽という場所もあって食べ歩きがメインになっていました。昨日の疲れもあって、ちょっとまったりペースです。

[blog] 北海道旅行 その1
[blog] 北海道旅行 その2


今回歩いた場所は、ホテル(札幌)→北海道大学のクラーク像前→JR札幌駅から小樽駅→小樽運河→大正硝子館→お寿司屋さん→ひたすら北一なんとか館っていうガラス細工のお店を巡回→流氷凍れ館(りゅうひょうしばれかん)→小樽運河食堂→JR小樽駅→JR小樽築港駅→フェリー乗り場といった感じです。これだけ羅列すると分かりにくいかと思いますが、要は札幌にある北海道大学と、小樽の観光客がよく通る通りを回ってきたってことです。

昨日の就寝が2時くらいで、6時間ほどの睡眠を取って出発しました。昨日、羊ヶ丘のクラーク像を見られなかったので、北海道大学にもあるというクラーク像を見てきました。北海道大学は、JR札幌駅から歩いて5分くらいのところにあるのですが、かなりでかいキャンパスを持っています。あまりにでかいせいか、近所の子供たちが遊びに来ているほど…。すごく心安らぐ風景なんですが、一瞬公園かと間違えそうになります。

huniv.jpg
入口はこんな感じ。

肝心のクラーク像なんですが、実は胸像しかありませんでした!羊ヶ丘にあるような全身の銅像というわけではなかったです。全身の銅像だったら「異議あり!」(逆転裁判)みたいに突っ込んでみたかったのに…。実はそれがしたかっただけというのは秘密です。

そんなわけで、ちょっとがっかりしながら小樽へ向かいます。小樽へは電車で約30分程度で移動することができます。みんな疲れを引っ張っているせいか、ただ黙りながら外の風景を眺めていました。

JR小樽駅で荷物を預けた後、運河へと続く坂道をひたすら下っていきます。途中、どこからともなくきれいなおねえさんがソフトクリームを持ちながら通り過ぎて行ったので、彼女が出てきた店でソフトクリームを衝動買い。こんなことができるのも旅行ならではの楽しみです。

運河では、かなりたくさんの観光客の人が写真撮影をしていました。今回の旅行は3人で来ていたのですが、2回とも僕に「写真撮ってください。」って言われました。5分も経たないうちに頼まれたので、背中に「私は撮影係です。」とでも張り紙がしてあるのかと(>Д<;) 実はちょっと面倒くさい。。。

canal.jpg
このあたりだけやたらと観光客が多い。

それからその辺にあるお寿司屋さんに入り、美味しそうなにぎり寿司を注文。さすが小樽なだけあってネタが柔らかい!地元のお寿司と同じくらいおいしいです。さすがにガッツリ食べると金額がえらいことになるので、腹6分くらいで抑えておきました。あれならきっと倍は余裕で食べられるねヽ(´ー`)ノ

あとは、ガラス細工のお店をひたすら巡回。ガラス工芸はホントにいろいろと種類があるもので、かなりきれいな器や、とんでもなく高そうな雰囲気を醸し出した作品がごろごろとありました。一番びっくりしたのは、アンモナイトのような形をした照明が70万くらい!?してたこと。深い色合いを出すのが難しいのかもしれませんが、さすがにそんなにはお金は出せません。

horse.jpg
ちなみに馬もいます。

流氷凍れ館(りゅうひょうしばれかん)くらいまで行くと、そろそろ見て回る場所もなくなってきたので、お店の人とまったりとお話をしていました。おみやげを買うってことを条件にいろいろと小樽の名所なんかを教えてもらったんですが、簡単に話を集約すると「寿司と北一のガラスが名物」ってことでした。まったく前進せず。でもおみやげは買いました。

それからは、再び来た道を戻り、小樽運河食堂でスープカレーを食べました。ここのカレーはめちゃめちゃ辛い!ラー油浮いてます。以前ココイチで食べたカレーみたいなのを想像していたので、見事に予想を裏切られました。これはこれでおいしかったんですが、さすがにこれは後輩には勧められないな
?。

curry.jpg
水を飲まないと食べられません。

あとは適当にお茶をしつつ、JRで最寄りの駅まで行き、フェリー乗り場まで歩いて行きました。これから1日は再びフェリーで移動です。2日の午後9時に新大阪に着き、3日に差し掛かるくらいには家に着く予定です。

canal2.jpg
お酒のせいでカメラがぶれまくり。

このページの上部へ

About

tetsuの日記・雑記です。
日々経験したことを記録していきます。

広告

サイト内検索

最近のピクチャ

  • snow.jpg
  • リアディレーラ

月別アーカイブ

最近のコメント