VMGINA.DLLによってようこそ画面が利用できなくなる問題

| コメント(0) | トラックバック(1)
VMGINA.DLLがPCにインストールされることによって、Windowsのようこそ画面が利用できなくなる場合があります。このVMGINA.DLLは、VMWare Serverをインストールする際に同時にシステムにコピーされるようです。

ようこそ画面を利用できるようにするには、以下のようにします。
(レジストリを操作するため、バックアップを取るようにしましょう。)

レジストリの、
HKEY_LOCAL_MACHINE\SOFTWARE\Microsoft\Windows NT\CurrentVersion\Winlogon\GinaDLL
を削除し、再起動してください。

【参考ページ】
[web] サードパーティ製のプログラムをインストールするとデフォルトのWindowsログオンインターフェースが表示されない場合がある - Microsoft

トラックバック(1)

トラックバックURL: http://trialpc.net/mt6/mt-tb.cgi/1742

気がつくと、スタートメニューからログオフがなくなり、ユーザー切り替えができなくな... 続きを読む

コメントする

この記事について

このページは、tetsuが2008年11月 9日 17:04に書いた記事です。

ひとつ前の記事は「Velocity独自のログ機能を無効にする」です。

次の記事は「VMWare Server 2.0で入力を求められるユーザID/パスワード」です。

最近のコンテンツはインデックスページで見られます。過去に書かれたものはアーカイブのページで見られます。